建設汚泥・浚渫土の再生資源化『エコハード』


エコハードとは

建設汚泥のリサイクル処理を加速する、新しい同化材エコハード
エコハードは、建設汚泥の高含水の水分を吸収し、土の微粒子を迅速に粒状に回化し、処理土の再泥化を抑止します。その結果の処理土は、改良土、クッション用土、園芸土などの有用な再生資源に生まれ変わります。エコハード は、建設汚泥や漫漂土の処理問題に対して、循環型社会形成に向けての新しいソリューションを提案します。

エコハードの特徴

■粒状同化  
汚泥を粒状国化し、再泥化を防止。
■pH調整  
特定の条件の下でPHをおおむね7~10に調整。
■迅速同化  
早硬性により処理時間が短縮。
■安全、安心  
有害物質は-切含有していません。
■適応性  
エコハードは、機能別に三つの素材に分離されている ため、原泥の特質に応じて使用方法を選択することができ、シールド、推進、基礎、浚渫工事やダム、ため池、 河川、海岸など使用できる範囲が広い。

エコハードの商品構成

エコハードは、3種類の素材で構成されています。
名 称 
機 能
エコハード
A材
固化
強度
バラ積み・フレコン
エコハード
B材
凝集・
粒状化
クラフト袋
エコハード
C材
水分調整
機械脱水で水分調整ができない場合に限り使用

エコハードA材、B材、C材の原泥に対する配合割合は、原泥の土質構成、含水比、アルカリ度などの影響を受けるので、配合試験をして適性を事前に確認することをお勧めします。
(配合試験は、原則として有料でお受けいたします。


この製品のカタログダウンロードはこちら >>  建設汚泥・浚渫土の再生資源化『エコハード』 (PDF形式:1.9MB)

この製品の取扱企業 >>  チヨダウーテ株式会社
Copyright(C) 三政物産株式会社 2011.